FXの円相場のしくみ!いまさら人に聞けない円安と円高について

テレビなどのメディアでよく耳にする「円安」と「円高」

聞いたことがある人がほとんどだと思いますが、実際に説明するとなると難しい…という方もいらっしゃいますよね。

実はFXには、この「円安」と「円高」も取引に大きく関わってきます。

FXを始める前に、まずはこの円高と円安についてしっかり復習しておきましょう。
ここでは、FX取引における円安と円高についての基礎知識を解説していきます。

FXの円安と円高とは

円安というのは、外貨に対して円が安い状態。
反対に円高というのは、外貨に対して円が高い状態のことを指します。

例えば「1ドル100円」を基準に、為替が「1ドル90円」や「1ドル110円」に変動するとします。

1ドル=100円のときから、1ドル=90円に変化した場合
10,000円の円を売ると、約111ドルが手に入ります。
これは、円の価値が高くなり「円高」になるということ。

1ドル=100円のときから、1ドル=110円に変化した場合
10,000円の円を売ると、約90ドルしか手に入れることができません。
これは、円の価値が低くなるので「円安」ということになります。

画:FXと円安円高

ここでのポイントは、「外国通貨から見て、日本円の価値が高いのか低いのか。」と言うことです。
同じ10,000円でも、買える米ドルが多いのか、少ないのかで「円安」なのか「円高」なのかが分かります。

また、円高と円安について考える際によくある質問であるのが「何を基準にして円安と円高にしているか」というもの。
これは、どのタイミングを基準にするか、どういった立場なのかによっても変わってくるので一概には言い切れません。
基準に関しては、国際的に決められているわけではないのです。

FX取引で考えると、「自分が1ドルいくらで購入したのか」「購入時期は円安・円高のどちらなのか」という自分なりの「円高」か「円安」の基準を持ち、戦略を立てトレードを行うのが良いでしょう。

円が安い?高い?どちらの取引がお得か

それでは、FXで取引を行う際「円安」と「円高」どちらの時期に取引すれば、利益を得るチャンスがあるのでしょうか。
基本的にFXは、外貨を「買い」から始めることも「売り」から始めることもできるので、円安になっても円高になってもチャンスがあると言えます。

FXは、「安いときに買い、高いときに売る」も、「高いときに売り、安いときに買う」こともできるため、円安・円高関係なく利益を狙うことができるのです!

円相場のしくみを理解してトレードを始めよう

FXに始める際に必要な、円安と円高については理解できましたでしょうか?
結論として、FXは円安・円高でも成功するチャンスがあると言えますが、為替は日々変化しています。
相場の流れに常についていけるように、準備をしておくことが大事です。

FXの円安と円高のまとめ
・「円安」「円高」は、外国通貨から見て日本円の価値が高いのか低いのかどうか。
・FXは円安・円高でも成功するチャンスがある。

下記のページでは、このコンテンツ以外にもさまざまな情報をまとめています。
FX初心者の方でしたら1度目を通すことで、FXトレードの大まかな流れを把握できるの思うので、お時間があるときに是非ご覧ください。

FX初心者のための基礎知識