FXの会社選びはどうすべき?初心者のためポイントをご紹介

FX取引を始める際に、必ず必要になってくる口座開設

しかし、世の中にはFX会社が多数存在しているので、どのFX会社で口座開設をすればいいのか迷いますよね。
FXを始めようとしている初心者の方なら、なおさら会社選びに苦戦されると思います。

そこで、今回は初心者に向けて、自分にあったFX会社の選び方を解説
どういった基準でFXの会社選びをすればいいのか、ポイントをチェックしていきましょう。

FXの会社選びは、取引スタイルで選ぶことが大切

FXを始めたばかりの初心者の方には、なかなか難しい会社選び。

FXにはさまざまなトレードスタイルがあります。
FXの会社選びをする際には、自分がどのようなスタイルでFX取引を行っていきたいかを考える必要があります。

例えば、

「少ない金額で取引をしていきたい」→「取引単位の低いFX会社」
「短期的に頻繁な取引をしていきたい」→「スプレッドの幅が狭い会社」
「長期的に安定した投資をしていきたい」→「スワップポイントが高い会社」

など…

このように「トレードのスタイル」と「FX会社の特徴」が合うようなFXの会社選びをすれば、失敗することも少なくなると思います。

次では、FXの会社選びで基準となるポイントをご紹介していきます。

おすすめの会社の選び方!5つポイント

FXの会社選びの基本となる5つのポイントについて、ご紹介していきます。

会社の信頼性

会社の信頼度は、FXの会社選びの基準のなかで重要なポイントです。
具体的に見るポイントとしては、資本金、自己資本規制比率、売上、利益、サポート対応など。

金融商品取引法では、自己資本規制比率の120%維持義務が規定されており、それを下回った場合、金融庁はその証券会社に対して監督命令を発することができることとなっています。
日本取引所グループ

自己資本規制比率が高い会社は、低スプレッド・高スワップで、システムにもお金を掛けているため、ツールの使いやすさやサポート面でも充実している傾向があります。

また、取引する際に電話やメールでの問い合わせに対応してくれる会社は、初心者でも安心できるのではないでしょうか?

さらに、資本金と預けた証拠金が別に保管されているかも確認しておくべきポイント。
万が一会社が破綻した場合にも、資金が信託保全されているか必ず確認しておきましょう。

スワップポイント

スワップポイントとは、2国の間にうまれる金利差のこと。
各社のスワップポイントの配当額を比較することも、FXの会社選びにおいて重要になってきます。

全ての通貨のスワップが高い会社があったり、他よりスワップが低い会社があったり、一部の通貨のみが高いスワップの会社などさまざま。

時間をかけて、スワップポイントで利益を得たい方は、自分の選んだ通貨ペアの各FX会社ごとに用意されているスワップカレンダーを確認しておきましょう。

スプレッド

スプレッドとは、「売り」と「買い」を行う際に生まれる手数料のようなもの。
スプレッドに関しては、狭い会社のほうが取引コストが抑えられるのでお得になります。

短期的なトレードで、月に何回も売買する人はなおさら。
スプレッドも、各FX業者・通貨ペアによって異なるので、よりコストが抑えられる会社がおすすめです。

通貨ペア

会社によって、取引できる通貨が異なってきます。

メジャーな通貨ペアである「ドル/円」や「ドル/ユーロ」などは、大抵どの会社を選んだとしても使用できます。
そのため、初心者のうちはそこまで慎重になる必要はありません。

しかし、FXトレードに慣れていくと、「マイナー通貨を増やしたいな」と思うこともあります。
そんなとき、業者によっては取り扱いがない場合があるので、「いずれはマイナー通貨ペアでも取引したいな」と思っている方はチェックしておきましょう。

もし、現時点でメジャーな通貨ペア以外での取引を考えているのであれば、その通貨ペアを取り扱っているFX会社を選んでくださいね。

取引単位

取引単位は、FXの取引を始める際に必要となる「証拠金」に関係してきます。
この取引単位によって、初期にかかる最低資金が決められるのです。

FX会社の取引通貨単位は<10,000通貨・1,000通貨・1通貨>などがあります。
為替や取引単位によりますが、1ドル100円の時は、

・10,000通貨
100円×10000(通貨単位)÷25(レバレッジ)
=40000円から可能
・1,000通貨
100円×1000(通貨単位)÷25(レバレッジ)
=4000円から可能
・1通貨
100円×1(通貨単位)÷25(レバレッジ)
=4円から可能

このように、FX会社が設けている取引単位によっては最低金額が異なるのです。
とはいえ、上記はあくまで最低資金。
初心者がいきなり25倍のレバレッジをかけるのは、かなり危険な方法です。

まずは、3~5倍のレバレッジで計算してみて、自分がどのくらい投資をしたいか考えて取引単位を選ぶようにしましょう。

自分にあったFX会社を探しましょう

FXにおける最適な会社選びについて解説いたしました。

ご紹介したように、FX会社は特徴がさまざまあり、すべて同じという訳ではありません。

数多くあるFX会社のなかから自分にあった会社を絞るのは難しいと思いますが、冒頭にも書いたように、まずは「どのようなスタイルでトレードを行うか」自分の投資に対するビジョンを明確にしておきましょう。

また、口座開設自体には金がかからない業者がほとんどなので、複数のFX会社の口座を開設して比較してみるというのも一つの手です。
自分の大切な資金を預けるFX会社選びはとても重要。
自分に最適なFX会社を選んで、有意義な投資活動を行っていきましょう!

おすすめ比較ランキング