大学生でも口座開設できるFX業者は?申込の手順からポイントまで解説

画:大学生がFXの口座開設をするには

「大学生だけどFXの口座開設ってできるのかな…?」

これからFXを始めていきたいという大学生の方のなかには、こういった疑問を抱える方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は、FXは大学生であっても口座開設に申込をすることが可能です。
そしてその際、大学生がFXの口座開設の審査に通るためには少しポイントがあります。

そのポイントを理解できれば、現在大学に通う大学生でも比較的簡単にFXの口座開設を行うことができます!

このページでは、大学生がFXの口座開設をする際のポイントについて解説。
大学生が口座開設をする際に必要な書類や、未成年でも開設可能なFX口座もご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください!

FXは大学生でも口座開設できるの?

画:大学生はFXの口座開設が可能

FXの口座開設を行う際には、必ず審査というものがあります。
大学生の方でFXの口座開設の審査が通るためには、まず申込の資格があるか見ていきましょう。

各FX業者に記載している開設資格は下記のような内容です。

FXの口座開設の条件
・20歳以上から80歳以下である(SBIFXトレードは18歳以上)
・日本国内に住んでいるか
・お申込み前の規約に同意しているか
・メールアドレスを持っているか
・インターネットが使える環境であるか
・本人を確認できる書類を提供できるか
・投資に使える資金を持っているか

このように、口座開設をするためには職業の規定がないので、基本的に20歳以上の大学生でしたら口座開設をする資格があります!
また、SBIFXトレードのように18歳以上から申込ができるFX口座もなかには存在するので、未成年の大学生であっても口座によっては申込可能となっています。

申込から口座開設まで流れ

画:大学生が口座開設をする際の手順

これからFXは始めてやろうと考えている大学生の方は、そもそもどんな流れで口座開設を行うのか知らない方もいるかと思います。
基本的にFXの口座開設の手順は下記のような流れで行われます。

①申込フォームに情報を入力する

②本人確認書類を提出する

③審査

④2~3営業日に入力した住所に、IDとパスワードが記載された書面が届く

⑤ログインして口座開設完了!

この流れはみんな共通なので、大学生だからといって手順が増えるということはありません。
しかし、未成年の大学生の場合は必要書類が増えるなどということもありますので、それはまた違う見出しで紹介していきます。

大学生の審査では何が見られる?

画:大学生が口座開設の審査で見られること

口座開設を行うためには必ず「審査」に通る必要があります。
大学生の方が口座開設の審査で見られているのはどういったところなのでしょう?

大学生が口座開設を行う際に重要視されているのは「金融資産」と「年収」です。

大学生であっても収入がアルバイトなどで収入がある場合は、「年収」のところに給与金額を記入しましょう。
大学生の場合、学校もあるので年収が高いという人は少ないと思いますが、ここは正直に記載してください。
申込内容は自己申告で業者側が調べるといったことはありませんが、虚偽の報告がFX業者側にバレてしまうと審査に落ちたり取引中に口座凍結になってしまうこともあるので注意が必要です。

そして、「金融資産」というのはあなたが今保持している現金や、銀行口座に預けている預金などの総額を指しています。
金融資産の基準はFX口座によっても基準が違うのではっきりとは言い切れませんが、最低でも30万~100万円を用意すると口座開設の審査には通りやすくなると言われています。

また、ここの金融資産というのは実際にFXに投資する金額ではありません。
申込の際に「金融資産30万円」と記載したからといって、口座に30万円入金しなくてはいけないということではないので安心してください。

本人確認書類は成人と未成年で異なる

画:FX口座開設する際の必要書類

大学生がFXの口座開設を行う際の必要になる提出書類について紹介していきます。
ここではあなたが「成人」と「未成年」の大学生なのかで提出書類が異なります。
とくに未成年の大学生の方は親の同意書など必要な提出書類が多くなるので、あらかじめ準備が必要です。

20歳以上の場合

20歳以上の大学生の場合、本人確認として下記のような書類が必要になります。

画:FX口座開設する際の必要書類パターン

必要書類は
・顔写真付きの「マイナンバー(個人番号カード)」
・顔写真なしの「マイナンバー(通知カード)」
どちらを保持しているかによってパターンが異なります。
また、マイナンバーをが見つからないという場合は市役所等で「マイナンバーが記載された住民票」というものを取得できるのでそちらで代用しましょう。

また、大学生だからといって「学生証」を求められることがありません。

18歳以上20歳未満の場合

画:未成年大学生が口座開設する際の必要書類

18歳未満の大学生の場合が口座開設できるSBIFXトレードの場合、上で紹介した「20歳以上の大学生の必要書類」に加えて親権者の同意書一式が必要になります。

保護者の同意書一式というのは下記の3点の書類のことを指します。

①法定代理人であることを証する書面
※親権者全員と未成年者本人の続柄が記載された戸籍謄本(発行日から3か月以内のもの)
②法定代理人の本人確認書類(免許証・パスポート等)
※法定代理人が2名の場合は2名分必要
③未成年者の取引に関する同意書

ここの法定代理人というのは親権者のことを指しています。
①の戸籍謄本というのは、市役所や区役所に行けば本人でも受け取ることが可能です。
②、③に関しては親の同意を得たうえで書類を用意してもらう必要があるので、FXを始める際は前もって親後さんに相談するようにしましょう。

ちなみに、未成年の方であっても既婚者の場合でしたら上記の保護者の同意書一式は必要ありません。
代わりに、婚姻証明書というものが必要となります。

大学生が口座開設をする際の注意点

画:大学生がFX口座開設するなら親の同意は必須

大学生は20歳以上であれば基本的に自分の判断で口座開設を行うことが出来ます。
しかし、注意しておいて欲しいのは「親の扶養」の問題です。

大学生がFXで収入を得た場合、年に38万円を超えてしまうと親の扶養から外れてしまいます。
親の扶養から外れてしまうと、親側の税金が増えることになります。
増える税金は親の収入によって変わりますが、扶養から外れると10万円以上支払うことになるでしょう。

また、普通のアルバイトとFXの収入が合計で130万円を超えてしまった場合、親の保険に入れなくなるので、国民健康保険に自ら加入する必要も出てきます。
金額は住んでいる地域や収入によって異なりますが、前年の1月~12月までの収入などから割り出され、その額を翌年から8回ほどに分けて納付する義務が出てくるのです。

このように大学生の方が親の扶養に入っている場合、収入を得るのは自分だけの問題では無くなります。
FXを始める際はこういった問題を加味して、あらかじめ親に相談したうえで口座開設の手続きを進めていくようにしましょう。

大学生におすすめのFX口座を紹介

それでは、実際に大学生がFXの口座開設をする際、どんな口座がおすすめなのか気になりますよね?
大学生がFXを始めるならまず「少額取引」が可能なFX口座を選ぶようにしましょう!

SBIFXトレード

画:大学生がFX口座開設するなら「SBIFXトレード」

通貨単位:1通貨
申し込む際の最低金額:年収10万円~30万円、資産30万~100万円

SBIFXトレードはコンテンツにも記載しましたが、18歳から口座開設が可能な貴重なFX口座です。
そしてSBIFXトレードは1通貨から取引が可能になっているため、少額取引から始めてほしい大学生にはとくにおすすめ!
最低4円から取引を始めることができるので、まずはFX取引を覚えるために利用する方も多くいます。

また、このFX口座は米ドル/円のスプレッドは0.27銭と業界No.1の狭さを誇っているため、コストを押さえて取引ができるのも嬉しいポイント!
少額&低コストでFXを始めたい初心者大学生に向いているFX口座と言えるでしょう。
今なら口座開設をすれば500円分のキャッシュバックが貰えるキャンペーン中なので、検討中の方はお見逃しなく!

YJFX!

画:大学生がFX口座開設するなら「YJFX!」

通貨単位:1000通貨
申し込む際の最低金額:年収100万円未満、投資可能金額100万円未満

大手企業Yahoo!のグループ会社が運営する「YJFX!」は20歳以上であれば大学生でも申込可能なFX口座です!
YJFX!は1,000通貨から取引が可能で、スプレッドも業界最狭水準となっています。

また、この口座が提供しているスマホ取引ツール「Cymo」は、なんと40万ダウンロードを突破しているほど人気があり、Cymo目的で口座開設をする方も多くいらっしゃいます!
Cymoは直感的な発注ができるのが特徴的で、スピーディーな取引に対応。プッシュ通知やウィジェット機能などといったスマホならではの便利な機能も豊富に搭載しているので外出が多い大学生にすすめです!

大学生は学校もあり忙しいと思いますが、外出先にもサクサク取引できるCymoを使うことで充実したFXトレード生活を遅れることでしょう!

大手企業の安定感もある高いサービスを実現しているYJFX!
大学生の方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

みんなのFX

画:大学生がFX口座開設するなら「みんなのFX」

通貨単位:1,000通貨
申し込む際の最低金額:年収30万円以下、金融資産30万円~100万円

みんなのFXも1,000通貨から取引可能で大学生でも比較的に口座開設に申込易いFX口座となっています。

スプレッド&スワップポイントともに業界内で非常に高い水準を誇っており、短期トレーダーから長期トレーダーまで相性が良いFX口座となっています。

そして、みんなのFXの取引ツールには、市場の売りと買いのバランスを知ることできる「売買比率」や「価格分布」などといった機能があります。
分析になれていない大学生トレーダーの場合、こういった取引サポートをしてくれるツールは非常に役に立ちます!
また、セミナーも充実していてマンツーマンで受講できるコースなどもあるので、FXについて本気で勉強しいきたい方にもぴったり!

初心者から上級者まで使い易いと評判のFX口座なので、口座選びに迷う大学生の方におすすめです。

FXは若いうちから始めよう!

FXは大学生でも気軽に始めることができる投資です。
大学生のころからFXを始めると、世界経済政治の知識が自然と身につき、今後社会に出た際にも役に立つでしょう!
また、大学生の場合社会人に比べて自由な時間も多く、投資を覚えていくには最適な時期だと思います。

世間的にはギャンブル的な印象が強いFXですが、コツコツを利益を上げていける投資なので、大学生で気になる方がいればチャレンジしてみることをおすすめします!

また、その際にはいきなり大金を賭けるのではなくまずはご紹介したような少額取引ができるFX口座を利用しながら、取引に慣れていくようにしましょうね!