FX初心者が絶対抑えるべき経済指標│重要度やその見方が分かる!

画:FX初心者必須の経済指標を解説

FX取引において、世界の経済指標は相場にさまざまな影響を与えます。

しかし、FXを始めたての初心者の頃は、
「FXの経済指標がたくさんあってどれを見ればいいのか分からない」
「具体的のどのように影響するの?」

など、経済指標に関して分からなにことが多い初心者の方も多くいらっしゃいますよね。

FX初心者は専門的で難しそうという理由から経済指標を避けてしまいがちですが、それは実は危険です。
重要な経済指標は、事前の予測と結果が大きく変わった場合値動きに大きな影響を与えます。

そこで今回は、FX初心者に向けて押さえておくべき重要な経済指標とその見方について解説していきます。
FX初心者の方は、しっかり覚えて「経済指標発表」を上手く活用したFXトレードを目指していきましょう。

FXの経済指標とは

画:初心者に解説!FXの経済指標とは?

FXの経済指標とは、各国の公的機関などが発表する経済状況を構成する要因を数値化したものです。
経済の状況や過去の変化から正確に把握できるものを指しています。

FXの分析方法には、過去のチャートから為替の動きを分析する「テクニカル分析」と、景気の動向や金利政策などの情報を活用する「ファンダメンタルズ分析」があります。
経済指標というのはファンダメンタルズ分析に分類され、将来の為替レートの方向性を予測するのに非常に役立ちます。
そしてFXの経済指標は、その国の通貨に大きく影響し発表前後は相場の値動きが激しくなるため、FXトレーダーにとっては必ず把握しておくべきイベントとなっているのです。

経済指標は、マーケット(相場)に大きな影響を与えますが、特に以下の5つが重要です。

・金利に関する経済指標(政策金利)
・景気に関する経済指標(GDP、景況感調査、消費動向)
・雇用に関する経済指標(雇用統計)
・物価に関する経済指標(物価上昇率)
・貿易に関する経済指標(貿易赤字)

各国がこのような経済指標を発表していますが、そのなかでも特に注目度が高いのが米国の経済指標
アメリカは世界一の経済大国であるため、その景気の動向は他の国にも大きく影響します。
また、世界の通貨機軸が米ドルであり、FXの世界でも取引量が多い通貨ペアには米ドルが含まれています。
したがって、FX初心者の方はアメリカの指標を重要視するようにしましょう。

FX初心者がチェックすべき経済指標を紹介!

画:FX初心者がチェックすべき経済指標は?

それでは、FX初心者がチェックすべき米国の経済指標を7つ見ていきましょう。

米国雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率)

重要度 ★★★★★
発表日 毎月、第1週金曜日

アメリカの雇用統計は、FX取引に関わる経済指標のなかでも特に重要な指標です。
雇用統計とは、名前の通り雇用を数値化したもので現在の雇用状況が前月と比べて、どの程度改善したかもしくは悪化したかが発表されます。
雇用統計には全部で10以上の指標があり、なかでも特に影響力があるのは「非農業部門雇用者数」、次いで「失業率」です。

なぜこの雇用統計が重要視されているかというと、アメリカはGDPにおける個人消費の割合が大きく、その数値は7割を超えていることが影響しています。
アメリカは不景気になると雇用を減らす傾向があるので、失業率が景気の状態を直接表しているのです。
仕事がなくなったら節約することになるため、失業者が増えると個人消費が落ち込むことになり、逆に失業者が減ると個人消費が増えることになります。
このように、雇用統計の数値はアメリカの景気に大きく影響しています。

「非農業部門雇用者数」というのは、農業以外の産業の民間企業で支払われた給料を元に集計されたもので、毎月20万人以上の増加があれば、アメリカの経済が成長していく強い結果であることがわかります。

そして「失業率」は「失業者÷人口×100」で示されるもので、米国では5%以下が完全雇用と言われているため、この水準を達成の目標と捉えておきましょう。

アメリカの雇用統計が発表されるタイミングでは、米ドル/円の通貨ペアのFX取引も活発となり、数秒~数分で100pips近く変動することもよくあります。

FOMC政策金利発表

重要度 ★★★★
発表日 年に8回開催

FOMCとは「連邦公開市場委員会」のことで、アメリカの政策金利を決定する非常に重要な委員会のことです。
政策金利とは、中央銀行が一般の銀行にお金を融資する際の金利のことを指し、景気が良いときは通貨の流動性を下げるため金利を上げ、景気が悪いときは通貨の流動性を上がるように金利を下げるのが一般的です。

利上げまたは利下げが市場で話題になっている場合は、相場のトレンドを決定づける最も重要な経済指標になります。
政策金利が変化すると、通貨の流入や流出が起こるので、政策金利は上がっても下がってもFXトレーダーにとっては注意が必要です。

また、FOMC終了後のFRB(米連邦準備制度理事会)議長の会見ではサプライズとなるような発言が飛び出す可能性も高く、非常に注目度が高い経済指標です。

GDP(米国内総生産)

重要度 ★★★★
発表日 4半期最終月の4週間後

GDP(国内総生産)は、「一定期間内に国内で生み出されたサービスや商品の付加価値の総額」のことを指します。
速報値・改定値・確定値と、同じ国の同じ時期の数値が複数回発表されます。
そのなかでも最も注目されやすいのは、最初に発表される速報値
その後に発表される、改定値・確定値は重要度は落ちますが、事前の予想と結果が大きく変化した場合は要注意です・

GDPは国の経済成長率を指すもので、アメリカに限らずどの国でも非常に重要な経済指標となっています。
FX取引を行う際は、自分が保有している通貨の国のGDP発表のタイミングは、必ずチェックしておくことをおすすめします。

ISM指数

重要度 ★★★★
発表日 毎月、第1営業日

ISM指数はアメリカ国内の景気の動向を表す経済指標です。
ISM指数には「ISM製造業景況指数」と「ISM非製造業景況指数」という2つが存在します。
いずれも、約350社の製造業者・非製造業者の購買担当者にアンケートを実施し、その結果を前月と比較しパーセンテージで数値化したものです。
その数値は50%を分岐点とし、50%を上回っていたら好景気、50%を下回っていると不景気を示すと言われています。

また、過去にFRB(米連邦準備制度理事会)はISM製造業景況指数が50%を下回っているときに利上げをしたことがないなど、アメリカの政策金利の動向にも影響する重要な経済指標になっています。

米小売売上高

重要度 ★★★★
発表日 毎月第2週

米小売売上高とは、小売り・サービス業の月間売上を集計した経済指標のことです。
多くの国ではGDPの6割以上が個人消費で占めており、なかでもアメリカではGDPの7割以上と他国に比べても高いことから圧倒的に注目されています。
このように、個人消費動向は景気の動きを判断する重要な項目であり、米小売売上高の推移から景気の予測を立てていくことが可能になっています。

CPI(米消費物価指数)

重要度 ★★★★
発表日 毎月中旬

CPI(米消費物価指数)は、消費者からみた商品やサービスの価格の総合的な値動きを表す経済指標で、国民の購買意欲やインフレ率を図るものとされています。
価格変動の大きい、エネルギー・食料品を除いた「米消費者物価コア指数」が特に注目されています。

利上げを考慮するタイミングではインフレ率が重要な要素になってくるため、FRB(米連邦準備制度理事会)の金融政策が注目されている場面はマーケットに大きな影響を与える可能性があります。

新築住宅販売件数・中古住宅販売件数

重要度 ★★★
発表日 新築住宅販売件数は毎月28日~翌月4日頃
中古住宅販売件数は毎月25日頃

住宅販売件数は景気を先行する経済指標としても知られています。
一般的に住宅販売件数は、アメリカにおいて消費者の景気の見通しが強く反映されるため、景気動向を先行する経済指標として注目されています。
また、新築住宅販売件数が契約書への署名が基本であるのに対し、中古住宅販売件数が所有権移転が基本になるため
統計のタイミングの違いにより、新築住宅販売件数のほうがより先行性が高いと言われています。

リーマンショック前後など、住宅の資産価格が注目されている場面では、FXでも大きな値動きとなる可能性があります。

経済指標の見方

画:FX初心者に経済指標の見方を解説

重要な経済指標が分かったところで、FX初心者の方はどのようにチェックをしていけば良いのか、その見方について紹介していきたいと思います。

どこでチェックするの?

経済指標はFX口座の公式サイトに「経済指標カレンダー」として予測やその指標の重要度を載せているところがあります。
経済指標を毎回調べたくないというFX初心者の方は、そのような情報を提供しているFX口座で口座開設するのがおすすめです。

また、FX口座によっては経済指標発表時にメールなどで知らせてくれるアラート機能などを利用できる口座もあります。
このような機能を活用すれば、経済指標を見逃すこともなくFX初心者の方でも安心ですね!

「予測」と「結果」の差が大きく影響する!

指標発表後の動きというのは数字に良い悪いではなく「予想と結果の差」で決まると言われています。

つまり、予想がプラスだったのに対し結果がマイナスだったり、プラスでも予想より極端に差があったりした場合には為替は、悪い評価となり大幅に下落する傾向があります。
反対に、マイナスの結果が出たとしても市場予測よりマイナス幅が小さければそれは良い評価となり為替が上昇することもあるのです。

したがって、FX初心者の方が経済指標で為替の動きを判断する際は、単純に結果の良し悪しを判断するのではなく、「市場予想と比べてどうだったか」ということに注目して見るようにしましょう。

同時に経済指標が発表されるときは?

経済指標は同じ時間に複数発表されるということもあります。
FX初心者の方の中にはその際に「どの指標をチェックすればいいの?」と迷う方もいるかもしれません。

そういった場合は、市場がどの経済指標に注目しているかというのを判断の目安にしましょう。
基本的には、1番注目されている重要な経済指標をもとに為替が動いていく場合がほとんどです。

ただし、複数の経済指標のなかでも1番重要な指標の結果は前回とあまり変わらず、他の指標では前回よりも大幅な動きの結果が出た場合には、その経済指標をもとに動くこともあります。
そのため、複数の経済指標が同時に発表された場合は、結果が一番インパクトがある指標を元に相場が動くと考えておいてください。

初心者は経済指標の発表時のトレードは避けるべき

画:FX初心者は発表前後はトレードを避けよう

経済指標発表時は値動きが50pips~100ipipsと大きな動きをするため、あえてこのタイミングを狙って取引をするFXトレーダーもいます。
しかし、基本的にFX初心者は経済指標発表時の際のトレードをすることをおすすめしません

なぜなら、経済指標発表時はスプレッドの幅も大きく広がりやすく普段よりコストが多く掛かってしまうからです。
さらに、為替レートが短時間で大きく動くため、システムが追いつかず希望しない値段で約定してしまうということも…。

また、経済指標は結果の良し悪しで、相場の動きが決まるとは限りません。
どんなに世界経済に詳しいFXトレーダーでも経済指標で100%の予測を立てるのは不可能であり、FX初心者であれば一か八かのギャンブルトレードになってしまいかねません。

そのため、FX初心者の方は経済指標発表時ではなるべくエントリーを避け、持っているポジションは事前に決済をしておくようにしましょう。

しかし、経済指標発表時にトレードしないからといって、FX初心者の方が経済指標をチェックしなくても良いというわけではありません。

FX取引を行う上で、経済指標から中長期の市場の動きを読むことは非常に重要
FX初心者の方は市場の流れをよく理解し、今後どのように相場が動いていくのか予測を立てながら取引を行っていきましょう。

そうすることで、為替市場が大きく変化した場合にも前もって対応することが可能ですし、今後の流れも分かるので良い市場のタイミングでFX取引を行うことが可能になります。

FX初心者の方は重要な経済指標を「通勤時に確認する」「トレード前に確認する」などルールを決めてチェックする習慣をつけておきましょう。

初心者はスケジュールを常に把握する

今回は、初心者に向けFXの経済指標についてご紹介しました。

どんな経済指標が重要が、どのように影響するのかが分かったのではないでしょうか?
経済指標の読み解きは、中・上級者のみならず、初心者のトレーダーが勝つために重要な要素の一つです。

数多くある経済指標のなかでも、自分に重要な経済指標はどれかどのような流れが予測できるか判断し、上手くFXトレードに活かしていきましょう。
また、FX初心者の方はうっかり経済指標時のタイミングでトレードを行ってしまわないように、あらかじめ発表のスケジュールは把握しておくようにしましょうね!

当サイトでは、他にも初心者がFX取引を行ううえで必ず押さえておくべき「初心者向けの基礎知識」をまとめてご紹介しています。
さらに基礎を固めていきたいFX初心者の方は、ぜひそちらもご覧ください。

初心者のFX基礎知識まとめ