レバレッジの設定方法が分からない!?FX初心者におすすめの倍数を解説

画:FX初心者のためのレバレッジ設定方法

自分の持つ資金の何倍もの取引を可能にするFXの仕組みの一つである「レバレッジ」。
国内のFX口座は最大25倍までレバレッジをかけることが可能です。

レバレッジはハイリターンな代わりにハイリスクを背負った取引になることになりFX初心者の方は、慎重に設定をする必要があります。
FX初心者がレバレッジを設定する際はリスク管理を行い、身の丈にあったレバレッジを設定することが重要なのです。

しかしこのレバレッジ、自分で自由に倍率を設定できるものだと考えているFX初心者も多いのではないでしょうか?
こういったFX初心者の方は、いざ取引を始める際に、「どうやってレバレッジを設定するの!?」と迷うことに。

それもそのはず。実はレバレッジはFX取引ごとに設定するものではなく、自分で資金の調整が必要なものなのです。

このページでは、FX初心者のレバレッジに対する起こりやすい誤解に対して解説。
FXのレバレッジの仕組みと設定の方法を紹介していきます。

レバレッジに関して疑問が多いFX初心者の方は、ぜひご覧ください!

レバレッジの設定方法が分からないFX初心者の方へ

画:レバレッジの設定方法2つを解説

FXのレバレッジについて
「〇倍で取引したいから〇倍設定しよう!」
「レバレッジは取引中もずっと固定!」
という風に勘違いしてしまう初心者の方もいますが、これは間違い。

実は日本のFX口座では、レバレッジを25倍に固定しているところがほとんどで、レバレッジを設定できる口座というのは非常に少ないのです。

では「レバレッジはどのように設定すれば良いの?」ということになりますが、このレバレッジを自分で指定するには2つの方法があります。

①レバレッジの標準の値を設定できる口座を選ぶ
②実効レバレッジを調整する

この2つについて詳しく見ていきましょう。

レバレッジの標準値が設定できる口座を選ぶ

画:FX初心者のレバレッジの設定方法1

少数派ではありますが、FX口座によってはレバレッジの標準値を設定できる口座があります。

標準値が設定が可能なFX口座は、1倍や10倍や25倍など口座で決められた倍率のなかから希望するものを選ぶことが可能です。

この場合、考え方は単純で、自分が設定した倍率に合わせて、必要証拠金の金額を入金すればレバレッジの設定が完了します。

具体例を挙げると、米ドル/円で1ドル=100円の場合に1万通貨取引する際、必要証拠金は下記のように変化します。

・必要証拠金
レバレッジ1倍:必要証拠金100万円
レバレッジ10倍:必要証拠金10万円
レバレッジ25倍:必要証拠金4万円

また、FX初心者がレバレッジをかけるうえで注意したいのが強制ロスカットが発動する金額。
仮に証拠金維持率が50%の場合にロスカットが起こるFX口座だと、下記のような値でロスカットが発動します。

・ロスカットされる金額/ロスカットされるレート
レバレッジ1倍:証拠金残高50万円で強制ロスカット レート約-50円で強制ロスカット
レバレッジ10倍:証拠金残高5万円で強制ロスカット レート約-5円で強制ロスカット
レバレッジ25倍:証拠金残高2万円で強制ロスカット レート約-2円で強制ロスカット

このように、レバレッジが低ければ低いほどロスカットになるまでの資金に余裕があることが分かります。

一方でレバレッジ25倍の場合、たった2円の為替変動で強制ロスカットになり、初心者にとってはリスクが高いFX取引になってしまうのです。

以上の点から、レバレッジの設定はなるべく低くしたほうがリスク管理ができるということが分かりますね。

レバレッジの標準値が設定できる口座は数少ないですが、FX初心者の方はこういった口座を利用し、はじめは1倍や10倍などのレバレッジから始めてFX取引に慣れていくことがおすすめです。

実効レバレッジを調整する

画:FX初心者のレバレッジの設定方法2

自分でレバレッジを設定できないFX口座は、どのようにすれば良いのでしょうか?

実は、「レバレッジが設定できない口座」と一言でいっても、実質的には自分で調整することが可能!
それは、FX取引には「実効レバレッジ」というものが設定されているからです。

実効レバレッジとは、「有効証拠金」に対して何倍のレバレッジをかけてFX取引しているのかを表すもの。

そして、「有効証拠金」とは、保有しているポジションの為替レートを評価損益を含んだ金額のことです。
取引画面では下記のように表示されます。

画:FXの取引画面

つまり、実効レバレッジは「今の、自分の口座資金に対して何倍のFX取引をしているか」を表しています。

実効レバレッジの計算式は下記のように求められます。
保有ポジション評価額÷有効証拠金=実効レバレッジ

例えば、300万円のトレードを50万の証拠金で行うとしたら、
300万円÷50万円=6倍

6倍という実効レバレッジが計算できますね。

それでは、6倍より実効レバレッジを下げてFX取引したい場合はどうすれば良いでしょうか?
実効レバレッジを下げる場合、証拠金の金額を増やせば自ずと倍率が下がります。

先ほどの、証拠金を100万円に変えた場合
300万円÷100万円=3倍
実効レバレッジが3倍に下がったことになります。

逆に、6倍より実効レバレッジを上げてFX取引したい場合は証拠金を減らせば良いのです。

証拠金を50万円から20万円に減らした場合
300万円÷20万円=15倍
証拠金の額が減り、自ずとレバレッジが15倍に上がります。

このように実効レバレッジは、口座資金と取引金額を計算し自分で調整します。

また、上述したように実効レバレッジは有効証拠金に対して計算されるもの。
為替レートに変動があれば、実効レバレッジも変わってくるのです。

例えば、米ドル/円1ドル=100円で1万通貨のFXトレードをしたら、
1万ドル(100万円)÷10万円=10倍
実効レバレッジは10倍になります。

しかし、為替レートが1ドル=98円になるとします。
1万ドル(98万円)÷10万円=12.25倍
この場合、実効レバレッジは12.25倍に変化するということです。

このように、実効レバレッジは最初に10倍を設定しても、損失を出してしまえば有効証拠金が減り、結果的に倍率が大きくなってしまうということになるので注意が必要です。

以上のことから、レバレッジが設定できない口座であったも実行レバレッジを調整することで間接的にレバレッジを設定することが可能だということが分かります。
ですので、「レバレッジを設定して、リスクを押さえたい!」という理由で、レバレッジの設定が可能なFX口座を選ぶ必要は無いとも言えます。

ここまで理解した方なら、「レバレッジを自分で調整できるということは、利益が出ているときにはレバレッジを高く調整すれば良いんだ!」と考えるFX初心者の方もいるかもしれません。
たしかに、レバレッジ10倍で取引を始めて利益が出てきたら25倍に調整して決済すれば儲かる!と仕組みとしては間違いではありません。
しかし、それは不可能でしょう。

なぜなら、証拠金を減らすために出金を行う場合には、ほとんどのFX口座がポジションを決済するか、全ポジションの証拠金維持率500%以上の場合の出金のみなど指定があります。

せっかく儲かっているのに、レバレッジを上げるためにポジションを決済するということは元も子も無いですよね。
このように、レバレッジを意図的に上げる場合には、ポジションの決済が必要になってくるので取引中の調整は出来ないと認識しておきましょう。

強制ロスカットは「退場」を意味する

画:FX初心者は強制ロスカットに注意

FX初心者がレバレッジを設定する場合には、強制ロスカットに注意する必要があります。
強制ロスカットとは、トレーダー本人の意志にかかわらず強制決済されてしまうシステムのこと。

強制ロスカットにならずにポジションを持ち続ければ、まだ挽回の予知があります。
しかし、強制ロスカットされてしまうということは、そのトレードにチャンスはもう無いということを意味するのです。

レバレッジを高く設定するということは、レートが変わった際の損失が大きく強制ロスカットになりやすいということ。
レバレッジが高ければ高いほど資金に余裕がなくなるので、FX初心者の方は安易にレバレッジを上げないように注意しましょう。
ちなみに、レバレッジの標準値を設定できる口座と常に25倍の口座では強制ロスカットの基準は異なります。

レバレッジが選択できるFX口座の場合、

1ドル=100円のときに1万通貨で取引
必要証拠金 10万円
レバレッジ 10倍
ロスカットルール 証拠金維持率50%を下回った場合

この条件で取引すると強制ロスカットになるのは、必要証拠金が5万円を割った場合。
この場合、レート-5円で強制ロスカットになります。

一方で、レバレッジが設定できないFX口座の場合、同じ条件でも実際に強制ロスカットされるのは、必要証拠金が2万円を割った場合、レートがー2円になったときです。

レバレッジが設定できないFX口座は証拠金は同じ10万円で実効レバレッジ10倍から始めたとしても、実際には有効証拠金に合わせて25倍まで倍率が上がります。

このように実効レバレッジは、固定されたレバレッジとは違いがあるということもFX初心者の方は覚えおきましょう。

設定値はトレードスタイルによって変えよう

画:FX初心者の設定値はトレードスタイルによって変える

ここまでFXのレバレッジの設定方法について解説してきました。
それでは、実際にFX初心者がレバレッジの倍率を決める際にはどういった基準で決めるのが良いのでしょう?

「初心者はレバレッジを低めに設定しましょう」と記載してきましたが、必ずしもそうと言う訳ではありません。
もちろんレバレッジを低めに設定してFX取引を行うほうがリスクの面ではより安全です。

しかし、資金効率の面から言うとトレードスタイルに合わせて最適なレバレッジを設定することがおすすめと言えるでしょう。
理由として、為替は期間によって高値と安値の変動幅に差があり、為替は期間が長ければ長いほど、変動幅は大きくなるからです。
そのため、「値動きが大きい⇒低レバレッジ」「値動きが小さい⇒高レバレッジ」とレバレッジを設定した場合でも、強制ロスカットにならずに運用することが可能。

下記は、トレードスタイルに合わせたおすすめのレバレッジ数になります。

トレードスタイル 保有期間 レバレッジ
ポジショントレード 数か月~数年 3倍~4倍が適正
スイングトレード 1日~数週間 レバレッジ5倍~10倍
デイトレード 1日以内 レバレッジ10倍が適正
スイングトレード 数秒~数分 レバレッジ25倍が適正

このようにレバレッジの設定は、自分のトレードスタイルに合わせてロスカットされない資金管理でFX取引することが重要です。
確かにレバレッジ25倍の取引はハイリスクとなりますが、ロスカットを避け上手く運用すれば、効率の良い運用を可能にすることでしょう。
まずは、自分のトレードスタイルに合わせたレバレッジはどのくらいなのか、しっかり考えていきましょう。

FX初心者は資金管理が重要

画:FX初心者は正しい資金管理を

ご紹介したように、レバレッジの設定はFX取引を行ううえで非常に重要です。

「レバレッジは利益も大きくなればリスクも大きくなる」
しかし、リスク管理がしっかり行えれば効率の良いFXトレードが可能になるということを覚えておいてくださいね!

FX初心者の方は、レバレッジの仕組みをよく理解し、自分のトレードスタイルに合った倍率を設定していきましょう。

また、当サイトではFX初心者に向けておすすめのFX口座をご紹介します。

口座開設がまだの初心者の方、今のFX口座が使いにくいという方はぜひチェックしてみてくださいね!

初心者におすすめのFX口座