「FXは儲かる投資」は真実?初心者はどのくらい稼ぐことができるのか

画:初心者の疑問!FXは儲かるの?

これからFXを始める初心者の方は、FXにどんなイメージをお持ちですか?

FXをネットで検索したり、テレビなどの情報を見たりすると、FXでたくさん儲けている人の体験談が多く出てくるかと思います。
しかし、それらの体験談を見ても
「話がうますぎない…?儲かる本当なの?」
「実際に初心者でも儲かるの?」
など、半信半疑になってしまうこともありますよね。

そこで、このページではFX初心者に向けて「FXは本当に儲かる投資なのか?」徹底解説していきたいと思います!
そして初心者が実際に儲けを出す際は、どのくらいの儲けを目指すのが適切かについても紹介していくので、これからFXを始めていく初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

「FXは儲かる!」というのは本当?

画:初心者に向けてFXは儲かるか解説

一般的にFXで利益を上げて儲けることができるのは、たったの1割。
残りの9割の方は負けてしまうと言われています。

この情報は、フランス金融市場庁(AMF)の報告書で明らかになっています。

損した顧客の割合は、89%を超える
顧客一人当たりの損失額は、10,887ユーロ
損失額の中央値は1,843ユーロ
合計損失額は、161,115,493ユーロ
報告書タイトル:フランスにおける、個人投資家のCFDとFXの投資成績

フランス金融市場庁が、2009年~2012年の4年間FX業者に対して分析を行っているので、信頼性は高いかと思います。
このように、4年間で顧客が損した割合は約90%に及んでいます。

また、損失額の平均値が1万ユーロを超えているのに、中央値は1,800ユーロとなっています。
つまり、損失をかなり大きく出してしまった人がいるということです。

この情報を見てがっかりしてしまうFX初心者の方もいるかもしれませんが、この中には真剣にトレードを行っていない人が含まれているので「真剣にFXトレード」を行った人のみでデータを取れば割合も変わってくるかと思います。

メディアではFXの美味しい情報を多く発信していますが、実際にFXで儲かるのは1割程度…。
もちろん勝っているトレードの中には大きく儲けを出しているトレーダーも多くいます。

しかし、FXは儲かる投資であると同時に、負けの確率も高いリスクがある投資だということを初心者の方は理解しておく必要があります。

初心者はどのくらい稼ぐことができるのか?

画:初心者はどのくらい稼げるか

それでは、FXで利益を上げているトレーダーは実際どのくらい稼いでいるのでしょうか?

たまにネットやテレビなどでは、「1年で10万円を1千万円にした!」などという夢にある体験談を紹介していますが、一般的に投資の世界では年利120%を毎年達成していれば上級のプロトレーダーと言われています。

つまり、100万円から始めるなら20万円、10万円から始めるなら2万円が儲けになります。
プロの方でさえこの数字なので、初心者の方はそれより低い利益率になることが想定されます。

しかし、FXプロトレーダーの場合、トレードする時間も副業の方より多くありますし、生活のため小さなチャンスも狙っていくのでトレードの回数も多くなります。
そのため、儲かりやすそうな相場の取引だけFXトレードするなんてことはできません。

そして、FX初心者の方はほとんどが副業トレーダーかと思います。
副業トレーダーは「勝ちやすいときだけトレードを行う!」ということも可能になりますので、FX初心者の方でも利益率を上げることが可能になるかもしれません。
ですが、為替において「勝ちやすいとき」というのは何か月も続くわけではないのです。

そう考えると、FX初心者の方が年200%や年150%の利益を儲けようと考えるのは、あまり現実的ではありません。
FX初心者の方は、まず年110%の利益率を目指していき、年120%以上行けば良くできた!という感覚がちょうど良いでしょう。

これ以上、儲けようしまうとFXがギャンブル的な投資にもなりかねませんので注意してください。

また、たとえ年120%でも5年続ければ資金は2.5倍になります。
100万円から始めたら約250万円。
1,000万円から始めたら約2,500万円!

このように、FXは投資金額が多ければ多いほど儲けも多くなります。
FX初心者の方はコツコツと利益を上げながら、投資資金を増やしていくようにしましょう!

勝てる人と勝てない人の違い


画:儲ける人と負ける人の違い

それでは、FXで儲けを出している人と、儲けを出していない人にはどんな違いがあるのでしょうか?

FXで儲けるためには特別な才能は必要ないと筆者は思います。

FXトレードは、為替を扱う『技術』が必要です。
技術を磨く努力をすれば、たとえ初心者から始めたとしても儲けを出すことが可能になります。

勝てる人と勝てない人の違いは何なのか、具体的にどんな技術が必要なのか、初心者の方は最初に把握しておきましょう。

勝てる人と勝てない人の違い

  • 根気強くFXの勉強ができるか
  • 自分の決めたルールを徹底できるか
  • 正しい資金管理を行えるか

まずFXをやったことがない初心者の多くは、「FXは簡単に儲かる」というイメージを持っている方が多くいます。

しかし、最初の見出しでも紹介したようにFXは1割の方が儲かる世界。
1割の成功者になるには、勉強を重ね努力をする必要があります。

すべてのことに共通しますが、最終的に儲けを出す人間は、コツコツと努力をしてきた人だけです。

タイミングや運などももちろんあるかもしれませんが、FXにおいてはそれは続くものではありませんし、無理なトレードをして結果的に自分を苦しめることにもなりかねません。

FXで儲けるには為替について理解を深め「どのようにすれば勝てるのか」をとことん追求をしていきましょう。

そして、自分で決めたルールを徹底できるかも儲けを出すために非常に重要なポイントです。
FX取引で儲けるためには、しっかりと根拠を持と自分が決めたトレードルールに沿って、取引をしていく必要があります。

根拠がない、勘だけのトレードでは絶対に儲けることは不可能です。

しかし、多くのFX初心者の方は「損切り」などのルールを決めても、それを徹底することができません。
いざという時に「損失を認めたくない!」という欲が出てきて損切りを躊躇してしまうのです。

ですが、儲けるFXトレーダーほど、1回の損失に対してのメンタルが強く、全体の利益を考えることができます。
損切りルールの徹底こそが、勝つための必須条件となるのです。

また、資金管理が十分に行われているかもしっかり確認する必要があります。
FXを含め、投資は余剰資金で行うのが鉄則です。

余剰資金というのは簡単に言うと、自分の生活費から浮いたお金のこと。
FXトレードを行う人の中には、利益を追いすぎてこのルールを守れずにカードローンや街金などからお金を借りてまで投資をする方も少なくありません。

しかし、お金を借りてまで行うFXというのは、もはや「ギャンブル」となってしまいます。
こういった状態だとメンタルの面でも余裕がなく、FXトレードにおいて適切な判断をすることは難しくなると言えるでしょう。

FXはあくまで「投資」。
自分のお金を増やすために行うものということを肝に命じて、たとえ失っても生活に問題はないという資金で行うようにしてください。

実践を繰り返してスキルアップしていこう

今回は、「FXは本当に儲かる投資なのか」について解説していきました。

「FXで稼ぐのは簡単!」というイメージを持っていた初心者の方にとっては、やる気を削ぐような内容だったかもしれません。
しかし、現実を知ったうえでFXを始めて欲しいと思い、厳しい内容でも包み隠さずお伝えしました。

記載したように、FXで儲けを出すことは容易なことではありません。

しかし、FX初心者の方でもしっかり勉強しコツコツを努力をしていけるなら、勝つことも不可能じゃありません。

大事なことは、儲けを出すまで努力できるかどうか。
そして、1つ1つの取引に対し「戦略→実践→検証→改善」を繰り返して粘り強くスキルアップできるかです。

FX初心者の方は、1つ1つの知識を身につけて勝てるトレーダーを目指していきましょう!
当サイトでは、FX初心者に向けて、FXの勝ち方や取引の具体的なやり方についてまとめています。

さらに知識をつけたいFX初心者の方は、下記のページもぜひチェックしてみてください。

初心者のFX基礎知識まとめ