FX初心者は絶対に守ろう!勝つための取引ルールの決め方を徹底解説

画:FX初心者に取引ルールについて解説

「FXを始めたが、損ばかりしている」
「FXで勝っている人はどのような取引をしているの?」

FXを始めたばかりの初心者の方であれば、FXで勝っている人がどんな取引を行っているのか気になるかと思います。
実は、勝てるFXトレーダーが必ず徹底しているのが「自己の取引ルール」です。

FXの取引ルールは、初心者・上級者問わず、自分のトレードの技術を向上させる重要なもの!
自分に合った取引ルールを決め、検証・改善していくことが、FXで勝つために大事なサイクルなのです。

しかし、FX初心者の方であれば、その取引ルールをどうやって決めればいいのか分からないという方もいらっしゃいますよね。
そこでこのページでは、FX初心者の方に向け取引ルールとは何か、どういうルールを決めればいいのかについて解説していきます!

FX初心者におすすめの取引ルールも併せて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

なぜFX初心者はルールを決める必要があるのか

画:FX初心者がルールを決める重要性

FXで勝っているトレーダーは自己ルールを確立し、そのルールを守って取引を行っています。

それではなぜ、FX取引ではルールが重要視されているのでしょうか。
理由はいくつかありますが、まず自己ルールを作ることである程度自分をコントロールすることが可能になるからです。

FX取引を行う際の心理状態は、欲から来る心配や不安、興奮など状況によって変化します。
こういった場合であっても、ルールがあることによって感情に流されず、正常な判断でトレードできるようになるのです。

もし、ルールを決めずにFXトレードを行ってしまったらどうなるのでしょうか?
それは、FXトレードを根拠のないまま、感覚的に取引しているということになります。

このような根拠のない取引は、運が良ければ利益を出すものの、やがて損失が大きくなり最後はFXから退却してしまうことになってしまうかもしれません。

投資家に関わらず、スポーツ選手、ビジネスマンなどその道のプロで成功を収めている人は、しっかりと自分のルールを作り行動しています。
それは、FXでも同じことが言えます。

FX初心者がトレードで成功したいのであれば、まず利益を上げるルールを作り、それを守ってトレードを行っていきましょう。

取引ルールの決め方を解説

画:FX初心者のルールの決め方

それではFX初心者は具体的にどんな取引ルールを決めればいいのか、基本的な取引ルールの決め方について解説していきます。

自分の生活に合ったトレードスタイルを決めよう

初心者がFX取引を行う際は、まず自分にあったトレードスタイルを見つけていく必要があります。
どのトレードスタイルを選ぶかは個人の性格や資金にもよりますが、各スタイルの特徴を理解し、どのようなトレードスタイルを選ぶか決めていく必要があります。

トレードスタイルをルール化せずに取引を行ってしまうと、どのくらいの期間ポジションを保有すればいいのか、エントリーや決済のタイミングといった戦略が立てにくくってしまうのです。

下記は、トレードスタイルの特徴をまとめたものになります。

  保有期間
スキャルピング 数秒~数分
デイトレード 1日以内
スイングトレード 1日~数週間

FX初心者におすすめのトレードスタイルは「デイトレード」です。
デイトレードはFXの基本とも言えるトレードスタイルで、リスクも低く取引チャンスも多いといったメリットがあります。
また、他のトレードスタイルに比べて難易度も低くチャンスも多いので、トレードの経験も積みやすいと言えるでしょう。

このように、初心者の方は自分にはどういったトレードスタイルが合っているのか試し、そのスタイルをルール化していくことが重要です。

レバレッジの倍率を決めておく

FX初心者がルールを決める際は、レバレッジの倍率もあらかじめ決めておくと良いでしょう。

「FX初心者はレバレッジを低めに設定しましょう!」と本やネットには記載されています。
たしかに低レバレッジはリスクは低くなりますが、しっかりリスク管理を行えば高レバレッジでも問題はありません。

レバレッジの倍率は、基本的に上記で説明したトレードスタイルに合わせて倍率をルール化すれば、リスクも抑えることが可能です。
下記は、各トレードスタイルに推奨するレバレッジの倍率です。

  推奨レバレッジ倍率
スキャルピング 25倍
デイトレード 10倍
スイングトレード 5倍~10倍

為替の動きは期間によって幅の大きさが変わってきます。
つまりレバレッジの倍率は、各トレードスタイルの期間に合わせてルール化をしていくのが効率の良い運用方法なのです。

レバレッジを掛けてFXトレードを行う際は、倍率のルールを守って取引していくようにしていきましょう。

エントリーする際の狙いを定める

FX初心者の方であれば、エントリーの狙いを定めるときも最初はルール化すると良いでしょう。
FXには「順張り」と「逆張り」という、為替の流れに対してどのように狙いを張っていくかという手法があります。

簡単に2つの手法を解説すると…

  • 順張り…為替の流れ(トレンド)に沿ってポジションを取りそのままトレンドに乗る考え方。
  • 逆張り…トレンドの逆にポジションをとり、反発を狙う考え方。

FX初心者の方がその都度、順張りか逆張りか変更してトレードを行うのはかなり難しいと言えます。
一人の人間が2つの目線で相場を読んでいくことは困難ですし、結局どのタイミングで張ればいいのかチャンスを逃してしまうことにも繋がります。

また、売買に一貫性がなくなり、「二兎を追う者は一兎をも得ず」というように、結局自分にあった手法を知ることもできなくなります。

FX初心者の方でしたら、自分は順張りをやるのか、逆張りをやるのかはっきりルールを決めて、まずその手法での勝ち方を学んでくことがおすすめです。

一般的には、順張りが単純な考え方で、一番習得もしやすいと言われています。
ですので、FX初心者の方でしたらまず順張りからトレードを始めてみてFXの基本の取引方法を極めていきましょう!

損切り・利確のタイミングが重要

FX取引のルールで最重要項目とも言えるのが「損切り」のタイミング。
損切りとは、FX取引で含み損が出た場合に自ら決済を行い、損失の拡大を防ぐことです。

FX取引は、どんなに知識のあるトレーダーであっても負けることがあります。
しかし、その際の損失を損切りしどう抑えるかが、稼ぐFXトレーダーとの分かれ道。

FX初心者は、この損切りをするのが非常に苦手な傾向があります。
なぜなら、損切りというのは自らの損失を決定する行為。
「まだ巻き返せるかも」や「まだ強制ロスカットにならないから…」という感情から損切りを躊躇してしまい、大きな損失を出してしまうのです。

このようなことにならないよう、FX初心者は必ず損切りのルールを決め、それを徹底することから始めます。
そしてリスク管理も行い、損切りを駆使した「上手い負け方」を身体で覚えていきましょう!

FX初心者におすすめする損切りのルールの決め方は、2つあります。

1つは、自己資金に対してのパーセンテージで決める方法。
例えば、仮に損切りルールを2%にした場合、30万円の資金ならば6,000円になったら損切りを行うといったことです。
考え方も容易で、自己資金の管理を行いながら損切りできるのでおすすめです!

■自己資金のパーセンテージで「損切り」を計算
・スキャルピング 1%
・デイトレード 2%
・スイングトレード 5%

また、ポジションを持った際の値幅の動きに合わせて決めると言った方法もあります。
この方法では、資金に関係なくそのポジションに合わせて決済が可能になるでしょう。
その場合は下記のpips数が、目安の損切りルールとなります。

■値幅で「損切り」を計算
・スキャルピング 3~10pips
・デイトレード 10~30pips
・スイングトレード 30~150pips

そして、FXの利益を確定させる「利確」も取引には重要です。
基本的には、損切りと利確のバランスを1対3にすると良いと言われています。

上記の考え方で言ったら利確は掛ける3で、下記にようになります。

■自己資金のパーセンテージで「利確」を計算
・スキャルピング 3%
・デイトレード 6%
・スイングトレード 15%

■値幅で「利確」を計算
・スキャルピング 9~30pips
・デイトレード 30~90pips
・スイングトレード 90~450pips

このように損切りも利確も、トレードスタイルに合わせて設定をしていきましょう。
そして、いざというタイミングのとき、確実に注文を入れられるように備えておくことが必要です。

FX初心者におすすめの取引ルールの例

画:FX初心者におすすめの取引ルール

ここまで紹介した内容をFX初心者に当てはめてルール化すると…

  • デイトレード
  • レバレッジ10倍
  • 順張りで取引を行う
  • 利確のタイミング 自己資金の6%または30~90pips
  • 損切りのタイミング 自己資金の2%または10~30pips

このようになります。
あくまで当サイトがおすすめする「FX初心者のルール」になりますが、このルールが一番スタンダートかと思います。
まずどういったルールで始めればいいか迷う初心者の方であれば、このルールを参考にしてみてください!

初心者は検証と実践を繰り返すことが必要

FX初心者のための取引ルールについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

FXの自己ルールは、自分のトレードスタイルや相場によって変わってくるものです。
実際に自分のルールを決めたら、実際のトレードで検証を行っていきましょう。

また、その際に1回負けたとしても、そのルールの良し悪しを判断するのは早いと言えます。
初心者の方は最低でも10回~20回は自分で決めた取引ルールでトレードしてみて、どこに改善する点があるのか考えていきましょう。

FXのルールは、検証⇒実践⇒改善を繰り返しながら、微調整していくことが大事です。
それを繰り返すことで、自分に合ったやりやすい取引ルールが確立されていくので、まずは実際の取引で試すことを初めてみましょう!

当サイトでは、ほかにもFX初心者が最低限知っておくべき情報をまとめています。
さらに、知識をつけてFXトレードに活かしていきたい初心者の方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

FX初心者のための基礎知識