スワップポイントとは?運用するだけで稼げる?仕組みと金利について

FXで利益を得るには、2種類の方法があると言われています。

1つは、為替レートの変動を利用した「為替差益」と呼ばれるもの。
もう1つは、各国間での金利差を利用した「金利差益」=「スワップポイント」です。

FXと言えば、前者の為替レートを利用した取引がメインと考えられています。
しかし、実はスワップポイントを利用して取引を行えば、より利益を得ることも可能になるのです!

FXをこれから始める人にとっては、このスワップポイントは見逃せません!
まずは、スワップポイントについて理解を深めて、FXトレードに活かしていきましょう。

ここでは、FXのスワップポイントについて、わかりやすく仕組みを解説していきます!

FXのスワップポイントとは?仕組みと日本の金利について

まずは、「FXスワップポイントとは何のこと?」
という疑問を持つ方のために、まずスワップポイントについて解説します。

国にはそれぞれ金利というものがあります。
この各国の金利差から得られる利益のことを「スワップポイント」と言います。

図:FXのスワップポイント

日本の円は、かなり低金利であるため円を売り外国の高金利な通貨を買うと、その2国間で生まれたスワップポイントで利益を得ることができます。
このスワップポイントを利用すれば、為替レート以外での収益を得ることが可能になるのです。

FXで豪ドルを100万円運用した場合

例えば、FXで豪ドルを100万円分運用した場合どうなるでしょう?

2018年10月現在の金利で計算してみます。

画:FXスワップ計算例_豪ドル/円

スワップポイントは少額ではありますが、1日単位でも受け取ることが出来るのも魅力のひとつです。
また、「ちりも積もれば山となる」と言うように、1年単位で計算すると高い利益を得ることも可能なので、スワップポイントで利益を得たい場合は長期の運用がおすすめです。

例えば、金利の高い通貨を円高時に購入し円安時に売却すれば、為替差益とスワップポイントの両方で収益を出すことができます。
また、円高が進んでしまい、もしも為替差損を出した場合でも長期でポジションを持っていればスワップポイントの収益でカバーすることもできるのです。

スワップポイントの注意点

金利を利用して利益が簡単に得られるように思えるFXのスワップポイントにも、注意する点があります。

スワップポイントは支払う場合もある

低金利の通貨を売って高金利の通貨を買えば、その金利差を得ることができますが、その反対に高金利の通貨を売って低金利の通貨を買うことになれば、スワップポイント分を支払わなければならなくなります。
この場合、長期間保有すると損失額も大きくなってしまうので注意しましょう。

金利は毎日変化する

金利というのはあまり変化しないという印象を持っている方もいると思います。

しかし、スワップポイントはFX業者がそれぞれ設定しており、毎日すこしずつ変化しているのです。
なのでほったらかしにしていると、「経済状況が変わってスワップポイントが逆転している!?」なんてこともあるので注意が必要です。

スワップポイントの変化は、分かりやすいように各FX会社のスワップカレンダーで確認することができます。
ポジションを持っているFX会社のスワップカレンダーは、定期的に確認するようにしてください。

また、スワップポイントで利益を得たい方は各FX会社のスワップカレンダーを比較して、より高いスワップのFX会社を選ぶのが良いでしょう。

レバレッジはかけすぎないようにする

FXのスワップポイントは、証拠金の金額ではなく、レバレッジをかけて取引した金額に基づいて計算されます
そのため、高いレバレッジをかければその分、スワップポイントも大きくなるのです。

しかし、FXのスワップポイントはあくまで長期的な投資で利益を得る方法です。
レバレッジをかけすぎてしまうと、大きな変動があったときにロスカットされてしまうこともあるので注意が必要。
まずは、無理のないレバレッジで長期的にポジションを保有することをおすすめします!

反対に、高い金利の国に、高いレバレッジをかけて短期的に決済する方法もありますが、
高い金利の国は、大きい相場の変動が起きる可能性も高いので、初心者にはリスクが高い方法と言えます。

3倍のスワップがつく!?お得な曜日とは

スワップポイントは毎日発生します。
しかし、実は木曜日の早朝は普段の3倍貰えるラッキーデーなのです!

FXは土日が営業日でないため、NY市場が閉まる時間(日本時間:木曜AM7:00)にポジションを持っていると、スワップポイントが発生します。
スワップポイントは、取引完了後の2営業日が受渡日になるため、木曜日の2営業日後は月曜が受け渡し日になり、通常より2日分多いスワップポイントが付与されることになるのです。

画:FXのスワップポイントの配布時期

この仕組みを利用すると、日本時間の木曜AM7:00直前にポジションを持ち、AM7:00過ぎに決済を行えば数分間のトレードで3倍のスワップポイントを手に入れることができます。
ただし、各FX業者によって受渡日が異なる場合もあるので、スワップカレンダーを確認してみましょう。

長期的に投資したい人にはおすすめ!

スワップポイントは、長期的な運用で安定的な利益を得る方法です!
反対に、短期的にスワップポイントを稼ごうとするとリスクも高くなるので注意しましょう。

FXのスワップポイントのまとめ
・日本は低金利の国のため円を買いのポジションで持つだけで、スワップポイントが入ってくることになる。
・安い通貨を買い、高い通貨を売る際はスワップポイントを払う側になる。
・スワップポイントは各FX業者でそれぞれ設定されているため、付与率の高いレバレッジのFX業者を選ぶ。
・金利は日々少しづつ変化するため、各FX会社のスワップカレンダーを定期的に確認する。
・高いレバリッチで取引すると、ロスカットされてしまうこともあるので注意が必要。
・3倍のスワップポイントが付与されるのは、木曜AM7:00(FX業者による)

FXにおけるスワップポイントは、FX初心者の方でも狙っていきたい利益です。
各FX会社を選ぶ際には、取引したい通貨ペアのスワップポイントも必ず確認しましょう!

おすすめ比較ランキング