FXの自動売買とは?初心者向けの取引スタイルとコツについて

FX取引にはさまざまなトレード手法があります。
その中の手法の一つとして挙げられるのが、自動売買

自動売買は、初心者の方でもプロが行うような取引が可能になるため、使い方によってはFXで効率的に利益をあげることができます。

初心者の方でも気軽にFX取引を行うことができるので、気になっている方も多いのではないでしょうか?
ここでは、FXの自動売買についてどういった取引なのか、メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

FXの自動売買とは?どんな仕組みなの?

自動売買とはシステムトレードとも呼ばれており、売るタイミング・買うタイミングなどをプロが作ったプログラムが自動で売買してくれるシステムのことです。

自動売買は、FX取引を行う際に人間がチャートに張り付いて為替レートを確認する必要がありません。
そのため、仕事中や睡眠中であってもFX取引が行える便利なシステムとなっています。

FXの自動売買のメリット・デメリット

自動売買は便利で魅力的なシステムではありますが、メリットのある反面デメリットも存在します。
それぞれ見ていきましょう。

メリット

・初心者でもプロのような取引ができる
・損切りや利益確定をプログラムがしてくれる
・感情移入せずに取引できる
・24時間取引できる

経験や知識が必要なFX取引において、売買プログラムを選ぶだけで、プロのようなトレードができるのはかなり魅力的です。

自分で取引を行う場合は、損失を確定させる「損切り」や利益を確定させる「利益確定」などを自分のタイミングで行わなければなりません。
こういった場面になると、たとえルールを決めていたとしても「損失が取り戻せるかも」や「まだまだ利益を追えるかも」など、人間の欲の部分が出てしまいます。

こういった感情によるブレをなくし、機械的にトレードを行ってくれるのも自動プログラムのメリットです。
また、24時間変動している為替レートにずっと張り付く必要もなくなるので、時間を確保するのが難しい方でも効率的にFX取引を行うことが可能になります。

デメリット

・予期しない損失に対応しきれない
・最適な自動売買システムを選択するのにコツがいる
・初期コストがかかる

自動売買は過去のデータを参考にしてプログラムが作成されているため、予測できない為替変動が起きた場合には予想を超える損失が発生するおそれがあります。
急激に相場が動いてしまいそうな場合には、自動売買システムを停止させ、手動に切り替える必要があります。

また、自動売買システムとはいえ、ある程度戦略を立てて自分でシステムを選ばなくてはいけません。
最初はそのコツをつかむのが難しいのですが、だんだん覚えていくうちに入れ替えたり組み合わせたりできるようになるので勉強していきましょう。

さまざま自動売買のトレードスタイル

自動売買システムといっても、取引スタイルはさまざまあります。
ここでは、自動売買のトレードの性質から4種類に分類して紹介します。

プログラム型のシストレ

プログラム型のシストレとは、パソコンにインストールしたFXソフトに自分でプログラムを組む自動売買のことです。
自分でFX取引の戦略を立て、それに従ったプログラムを組み込めるので自由度は高くなります。
しかし、プログラム型のシストレを行う前提として、自分でFX取引の戦略を立てる力と、プログラミングの知識が必要になってくるので、初心者にはハードルが高くなっています。
FXの経験が豊富な方向けの、上級者向けのシストレと言えるでしょう。

例:MetaTrader 4 (メタトレーダー)

選択型のシストレ

選択型のシストレは、トレーダーがFX業者の用意しているプログラムを選択しプログラム通りに自動売買を行ってもらうシストレです。
FX初心者でも、プロが開発した本格的なトレードを行うことが可能になります。
プログラム型のシストレに比べると自由度は低くなります。

例:シストレ24(インヴァスト証券)

設定型のシストレ

設定型のシストレは、選択型のシストレと違い、自動売買のルールをユーザーが決めることができるシストレです。
チャート分析などのFX取引の経験はある程度必要ですが、プログラムを組むものではなくガイドに沿って設定できます。
細かい自動売買の設定をしたいFX中級者におすすめです。

例:トライオートFX(インヴァスト証券)、ちょいトレFX(FXプライム byGMO)

自動発注機能型のシストレ

いま流行しているのが、この自動発注機能型のシストレです。

イフダン注文(IFD)、リピートイフダン注文(RIFD)、トラップリピートイフダン注文、iサイクル注文などでオリジナルのFX取引方法で設定します。
初心者でも簡単に設定ができ人気の自動売買です。

例:iサイクル注文(外為オンライン)、トラップリピートイフダン(マネースクウェア・ジャパン)

自分にあったシストレを選びましょう!

自動売買とその種類について解説しました。

システムトレードには、自分で考えて行う(裁量)トレードには無い魅力がたくさんあります。
裁量トレードは、さまざまな失敗や経験を積み重ねる必要があります。
一方で、システムトレードはすでに経験や知識を積み重ねたプロが作成したプログラムがトレードを行ってくれるので、初心者でも簡単にFX取引を始めることができます。
システムトレードを利用しながら、FXの取引パターンを学んでいくのも一つの手でしょう。

ご紹介したようにシステムトレードには、さまざまなタイプがあります。
まずは、FXの自動売買について理解を深めて、どのシストレが自分に合っているのか、どのシストレが相場の動きに合っているのか選択できるようにしましょう。

自分に合ったシストレを扱っているFX会社を選ぶことも、FXで成功する鍵になります。

おすすめ比較ランキング